FC2ブログ

記事一覧

「宿母(すくも)の地蔵」と「小津森の常夜燈」

【「宿母(すくも)の地蔵」と「小津森の常夜燈」】
 金毘羅参詣道高松街道「宿母(すくも)の地蔵」と「小津森の常夜燈」は香川県丸亀市綾歌町岡田に残っています。
 「小津森の集落」は25軒ほど集落で散髪屋・荒物屋などが有ったとゆう。集落の入り口と出口に集落の住人が建てた常夜燈があった。現在は、「宿母・小津森」公民館脇に移設しています。「金毘羅宮・椎尾神社・明治8年」などの銘があります。
 「宿母(すくも)の地蔵」は元は「小津森池」で溺れて死んだ人を供養するために建てられたものだが、詣る人も少なく淋しいだろうからという事で街道筋に遷したのだと言います。地蔵の銘も読みづらいのですが「明治二十五年建立」などの銘が見られます。手水鉢には「吉田万歳・明治二十八年七月」などの銘があります。宿母の集落は20軒ほどで「両国屋」という旅館など3軒の宿屋があったという。
 宿母の集落を抜けると自然石の大きな灯籠が街道の左側に建っています。「明治十一年・十方施主・世話人大西元造」などの銘があります。金毘羅燈籠(現在は香川用水の工事の為東に移動しています。)だといいます。この自然石灯籠から二十軒ほどの天神集落に入ります。集落にはうどんや饅頭を商いしながら「新古屋」と云う屋号の宿や他にも遍路宿があったといいます。近くの宇閇神社の春祭りに集まる多くの行商の人たちが泊っていた。
 文は讃岐の街道①金毘羅参詣道などより参照しました。
 写真は2010年8月29日・11月16日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 宿母(すくも)の地蔵




 天神自然石灯籠






 小津森の集落常夜燈











ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「金毘羅灯籠」検索→《金毘羅街道・灯籠map》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!