FC2ブログ

記事一覧

一丁地金毘羅灯籠

【一丁地金毘羅灯籠】
 <>一丁地金毘羅灯籠 香川県丸亀市綾歌町栗熊 金毘羅参詣道高松街道
 馬指の集落には金毘羅街道(西上道)の3番目の駅(伝馬所)ががおかれていました。明治6年の西讃暴動で消失した。制札場や橋本屋など3軒の宿屋が明治の終わり頃まであって薬屋などが泊っていた。宿には酒屋や豆腐屋などもあってようです。130m位行くと一丁地があり集落には「うどん屋」を兼ねた宿があった。さらに100mほど進むと左側に5m位はある大きな金毘羅灯籠(慶応4年の銘がある。)が民家の角にある。
 この辺りに鳴橋という橋が架かっていたという。(昔 殿様が金毘羅詣りをした時には、湿地であるこの付近の道は足が入り込んで困ったので、庄屋の命令で、ナラシバを刈って敷き、その上に板を置いて通った)といいます。その板が良く鳴ったので「鳴橋」と言ったと言います。灯籠から200m先の辻にも金毘羅燈籠があった。今は四国民家博物館の入り口に移転している。(安政2年の銘がある。)
 文は讃岐の道②金毘羅参詣道などによる。
 写真は2010年11月16日・11月24日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 一丁地








 四国村に有る灯籠









ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「金毘羅街道」検索→《金毘羅街道・灯籠map》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト

コメント

No title

一本の幟がいいですね。
灯籠の向こうの赤い実はピラカンサですか。

No title

紅葉したモミジです。四国村の入口に「わら家」といううどん屋さんがあって、四国村に上がる坂道とうどん屋さん周辺がモミジで綺麗なんです。

No title

こんにちは!

高松には灯篭が多くあるんですか?
こうして灯篭探しも良いものですね。

一番下の青空と灯篭の画像に! ポチ☆

No title

くまごろうさん、ポチ☆ ありがとうございます。
金毘羅灯籠は、かなりの数が残っています。金毘羅詣の旅人に夜道の目標となる常夜燈です。昔は川に橋が架かっていなかったので対岸や辻に常夜燈を集落の人々によって建立したようです。本道以外にも枝道にも多く残っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!