FC2ブログ

記事一覧

杉本博司「護王神社/アプロプリエイトプロポーション」

 瀬戸内国際芸術祭作品の紹介
【杉本博司「護王神社/アプロプリエイトプロポーション」】
 (C)杉本博司「護王神社/アプロプリエイトプロポーション」
 護王神社の改築に合わせ、杉本が本殿と拝殿の建物、そして拝殿地下の石室を設計。石室に入ると、本殿がガラスの階段に結ばれているとわかる。
 文は、瀬戸内国際芸術祭2010 アートをめぐる旅・完全ガイドより参照しました。
 この神社の地下は側石も天上石も巨石で出来ている。まるで横穴式古墳の羨道そっくりである。暗い石室にガラスの階段が造られている。その階段は地上に建てられている本殿に架かっているガラスの階段に繋がって見える。

 直島は香川県香川郡直島町で岡山県玉野市に近い所に位置しています。
 島名は、保元の乱に敗れた崇徳上皇が讃岐の国に流される途中、島に立ち寄り、島民の素直さに感動したことに由来すると言われています。人々は、古くから製塩業などに携わり、瀬戸内海の交通の要衝として漁業や交易に関わってきた。大正時代からは、銅などの貴金属の製錬が主な産業となった。主な集落は、宮浦・本村・積浦・ベネッセ周辺で集落館移動はバスがある。(一回100円)
 今回、芸術祭にあわせて、既存作品に新たに7作品が加わる。その多くは恒久作品だ。配置は、宮浦・本村・ベネッセハウス周辺の3ヶ所に分かれます。
 
 写真は2010年10月13日撮影
 展示場所は、ワイワイマップ瀬戸内国際芸術祭にスポット投稿します。
 ワイワイマップ「瀬戸内国際芸術祭」で検索してください。








 地下道入り口


 地下内ガラスの階段


 八幡神社の隋神門内に置いてある猫の彫刻:上原三千代作「いつかは眠り猫」


スポンサーサイト



コメント

No title

どうもしっくりきませんね。
神様がいなくなるような気がします。

No title

pokさん、もう 居ないでしょうに!。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!