FC2ブログ

記事一覧

金毘羅参詣道・高松街道:萱原自然石灯籠

【金毘羅参詣道・高松街道:萱原自然石灯籠】
 萱原自然石灯籠
 萱原自然石灯籠は香川県綾川町滝宮の綾川河川敷公園脇の町道脇に萱原地区の県道282号(旧国道32号)に倒壊寸前であったのを現地点の道の駅「滝宮」と滝宮公園の中間地点に移されて保存されている。元治5年(1868年)5月1日。萱原村萱原下の「岡田カネ刀自」によって寄進された。岡田カネ刀自は金毘羅大権現別当寺「松尾寺」の深い信仰関係があった。この灯籠の他に一体の灯籠も寄進している。
 写真は、2010年8月11日撮影
 地図は、ワイワイマップにスポット投稿します。







 森岡量基作 ギョ魚 2002年12月




 森岡量基(モリオカカズキ)
香川県の伝統工芸士・庵治の石工:仏像・地蔵
■代表作品
「源平合戦の屏風」(1980年)
「大日如来」(2009年)
■実績
1990年 庵治石総合展示会 県知事賞 受賞
1996年 香川県伝統工芸士 認定
2008年 庵治ストーンフェア2008 経済産業省大臣賞 受賞 ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の歴史的縁の地、文化財、資料館他》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

金毘羅宮があるからでしょうか?香川県は石灯籠が沢山ありますね。

ギョ魚、人魚? 口から人の手でしょうか・・・??? コワイ!

見る方向によってはユーモラスですね。

No title

おはようございます。
昔は、海の上から手を合わせていたようです。塩飽諸島の船乗りが金毘羅参りをするようになってから多くの方々がお参りに来るようになった様で、当時讃岐の国は道の整備が出来ていなかったので、田圃の縁を通っていたようです。で 夜には迷子になる方が多く、目印に村人や信仰厚いお金持ちが金毘羅さんの許可得て建てたようです。
何時見ても気持ちの悪いオブジェで口からは手が出ています。何で此処にあるのか判りません。

No title

こんにちは。

本当に石灯籠、たくさんありますね。
信仰厚く、お優しい方々が多くいらっしゃるのでしょうね^^

このオブジェ。。。千と千尋に出てきた、ゆばぁ~ばの手下の顔だけの妖怪?に似ていますよ^^
☆ポチ

No title

NORIさん、こんにちは。
灯籠・一里塚・丁石は数えきれに位残っていたのですが、昔道の改修などで行方不明になったのも多くあるようです。(借り移動した後そのままになったのも有ります。神社・庄屋など)
この地区には妖怪伝説は無いと思うのですが。ポチ!。ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!