FC2ブログ

記事一覧

金毘羅参詣道:高松街道・宿場町岡本

【金毘羅参詣道:高松街道・宿場町岡本】
 金毘羅参詣道:高松街道・宿場町岡本
岡本から金毘羅までが約5里ほどあり、1日でちょうど往復できる路程であった。三本松方面からの参拝者は岡本宿で泊るのにちょうど良い場所だったようです。大正頃まで宿が5軒・うどん屋・風呂屋・商店が軒を並べていた。

 地蔵堂と金毘羅灯籠
旧国道32号(県道282号)沿いのひょうたん池の堤に小さな地蔵堂と金毘羅石灯籠が並んである。金毘羅燈籠の台座に「高松鶴竹組講」と12名の寄進者名が刻まれています。この灯籠は、国道の拡張の時にひょうたん池を6m程の幅で埋め立てられ元の場所から現在の場所に移された。「サンヤ」と言う宿を定宿としていた「高松鶴竹組講中」や12名の人々が寄進して街道の向に建てたものだといいます。金毘羅さんへの奉納に際しては宿が仲介の労を取った。地蔵堂は、台座がふさがれている事もあって地蔵の由来・原位置とも不明です。

 三ツ池地蔵尊
ひょうたん池より60m程行くと右に折れる(香川銀行)細道入ります。細道をさらに60m程進むと地蔵尊を挟むように道が分かれます。地蔵尊に祀られているのは三ツ池地蔵尊であります。高松藩の一家老の掌中の玉というべき娘が大病の末に亡くなり、その娘の遺言によって、地蔵を建立すべく藩主に許しを求めたところ、これを許され、藩内の月参講の協力を得て、ここに地蔵尊ができたといわれています。台座には「三界萬霊」「右こんひら道」「左やまだ道」などが刻まれています。
 参考資料 讃岐の街道①・金毘羅参詣道
 写真は、2010年7月8日・8月11日撮影
 地図は、ワイワイマップにスポット投稿します。
 
 高松鶴竹組講石灯籠と地蔵尊










 三ツ池地蔵尊




ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の歴史的縁の地、文化財、資料館他》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト



コメント

No title

白い祠が珍しいですね。
この地方独特のものかと思います。
神仏混淆で神棚が白木であることから白くされたのでしょうね。

No title

白く塗っているのは珍しいのですか?。2ヶ所とも白く塗っていますね。この地区だけでしょうね。
普通は無垢の木で作っているのは良く見ます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!