FC2ブログ

記事一覧

金毘羅参詣道伊予土佐街道「牛屋口石灯篭群」

【金毘羅参詣道伊予土佐街道「牛屋口石灯篭群」】
 牛屋口(うしやぐち)は香川県琴平町の旧伊予・土佐街道の金毘羅参詣口で「ご使者口」がなまって「牛屋口」になったと言われている。
 金刀比羅宮の南の入口。象頭山南側にあり、鳥居や燈篭などが残っている。
 土佐・伊予と讃岐をつなぐ主要街道であった金毘羅街道(旧伊予土佐街道)は、幕末には坂本龍馬、中岡慎太郎などの脱藩者、また高杉晋作などが、往来する際にこの道を使ったといわれる。そのため、この牛屋口には観光用として設置された坂本龍馬像がある。併設の「峠の茶屋」(藁葺き小屋)は現在使用されていない。また牛屋口付近からは、改修工事のために整備された道路(管理者も駐在し一般者は通行不可)があり、本宮や絵馬殿付近まで続いている。

  ★街道のはなしー牛屋口
 牛屋口とは、かわった名前ですね。一説によると、巡見使(幕府のお目付)が通ったり、殿様の代わりに金毘羅さんに参詣する使者が通ったので「お使者口」と言っていたとも伝えられています。
 新しい国道が金毘羅の町なかを通り抜け、広い道が観音寺・伊予へと象頭の山すそを西へ走り通じるまでこの牛屋口は栄えていました。観音寺や仁尾からの魚屋が朝早くから魚市を開いたり、酒食を商う飲食店も宿屋もここでそれぞれ栄えていました。今はその面影は全く失われ灯ろうなどの奉納物など有形文化財、重文に指定され静かな山間の道が昔を物がっています。大正の終わり頃までは、この灯ろうにも灯りがともり峠を明るく照らしていたといわれます。

  ★旧伊予土佐街道(金毘羅街道)
 土佐・伊予と讃岐をつなぐ旧主要街道。(牛屋口~参道間について)金毘羅さんへの街道として、また主要道路であった時期には繁栄しており、多く立てられている石燈篭にも大正末期頃まで明かりが灯っていた。しかし、国道などの他のルートが出来ると共に衰退し、石燈篭の一部を盗まれるなど、荒廃が進み、現在では鳥居や石燈篭を残すのみとなっている。参拝にこの道を使われることは、地元の人が正月にわずかに使用するのみである。この区間の街道途中にある広谷墓所には、代々の別当職が眠る墓が建てられている。
 以上現地案内板及びWikipediaより参照しました。
 写真は、2010年7月2日撮影
 アクセス:国道32号を琴平より国道377号に入り坂を上り初めての信号の手前を右斜めに入る。椿亭方面に進む。ワイワイマップにもスポット投稿しておきます。












ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《香川県の歴史的縁の地、文化財、資料館他 》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト



コメント

No title

ビュートさん、こんにちは、熊本のNORIです。
竜馬像がありますね^^
ブログはじめて一ヶ月すぎましたが、楽しいですよね♪
熊本にいながら、どこでもドアで、いろんな所に行けた気になれます。
それに、こんなに丁寧で詳しい説明付きで嬉しいです。
讃岐うどん。。。美味しいですよね^^

No title

NORIさん、
コメントありがとうございます。
坂本龍馬は、琴平に滞在した記録は無いのですが、高杉晋作が幕府に追われ琴平に匿われていたので龍馬も秘密裏に会っていたのではないかとの想像でここに建っています。根拠は全くありません。今回の龍馬伝とは関係ないです。
さぬきうどんを食べに来てください。有名店は並ぶことを覚悟でね!。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!