FC2ブログ

記事一覧

波切不動明王

波切不動明王
場 所:高松市木太町詰田川東堰堤
住 所:香川県高松市木太町

特 徴:
刻 像:陽刻
塔 型:舟形
由 来
 このお堂は現在地より北約80mの所に鎮座していたが、道路の拡張工事に伴い昭和五十九年に当地に移した。その時同行十四軒の人々で法要を営み、その後も守っている。現在の本尊は明治七年(1874)に開眼されたものである。
建 立:
願 主:
資 料:現地説明版、
撮影日:2019年11月29日
関連BLOG:清水神社神櫛王墓

三甕が渕
 三甕が渕は、詰田川と御坊川の合流する所である。
 地名の由来は、景行天皇の王子神櫛王が讃岐の国造として赴任する時、舟が嵐でこの渕に流され、濁流と努とうにほんろうされた。この時神櫛王は宝の甕三つを海中に沈め、荒れ狂う海の竜神を鎮めて無事上陸されたという伝説による。この甕は後に由良山の清水神社に埋められたと言われている。
 ここは『泥が甚だ深く、度々人が溺死した。』と三代物語に記されており、昔から危険な所である。

700-05_20200520105215095.jpg
700-07_20200520105213853.jpg

700-30_20200520105209cb1.jpg

700-10_20200520105212721.jpg

700-20_20200520105210981.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019