FC2ブログ

記事一覧

三木 露風/赤とんぼ

【赤とんぼ】
作 者:三木 露風
〔明治22年(1889)6月23日~昭和39年(1964)12月29日〕
本 名:三木 操
歌 詞:
 夕焼、小焼の、あかとんぼ、負われて見たのは、いつの日か。
 山の畑の、桑の実を、小籠(こかご)に、つんだは、まぼろしか。
 十五で、姐(ねえ)やは、嫁にゆき、お里の、たよりも、たえはてた。
 夕やけ、小やけの、赤とんぼ、とまっているよ、竿の先。
建 立:
背 景:
解説等:「姐や」は自分の姉ではなく、この家で子守奉公していた女中のことである。「お里のたより」は、女中の故郷からこの家に送られてくる便り、または、故郷に帰った女中からの便りと解釈されるが、女中を介して実母から届く便りなどといった説もある
住 所:兵庫県たつの市揖西町土師
生誕地:兵庫県揖西郡龍野町(現たつの市)
父 親:三木 節次郎
母 親:たか
作 曲:山田 耕筰
資 料:Wikipedia、現地説明板など、
撮影日:2019年12月19日

700-10_2020032509572043c.jpg

700-20.jpg

700-30.jpg

700-40.jpg

700-50.jpg

700-60.jpg




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019