FC2ブログ

記事一覧

奇絶峡

名 称:奇絶峡
住 所:和歌山県田辺市上秋津
場 所:左会津川沿い(和歌山県道29号)
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/33.780957594549946,135.41252909205892,19
マップコード:
184 409 295*86
景観指定:田辺南部白浜海岸県立自然公園(平成27年に、吉野熊野国立公園に編入)
指定日:昭和九年(1934)五月一日
見 所:不動の滝及び奇岩及び摩崖仏
解 説
 奇絶峡磨崖三尊大石仏縁起
 「田辺市の橋本豊吉居士は早くより南紀景勝の地に石仏造立の誓願を立て、八方にその適地を求めて心をくだきついに善縁に恵まれ名勝奇絶峡にそびえる巨巌に適地良石を発見するに至りしも、第二次世界大戦俄に起こるやその志願一時中止の止む無きに至る。今わが国土に平和の春よみがえるや同居士は、田辺市並びに田辺市観光協会及び地元上秋津愛郷会を動かし、この三者の発願により、日本芸術院会員堂本印象画伯に弥陀、観音、至勢の三尊仏の原画揮毫を依頼し、同画伯指導のもと三ヶ月の月日を費やし、厚肉彫の優れたる磨崖大石仏が彫刻され永年にわたる悲願がここに成就した。時に昭和四十一年四月八日、奇しくも仏陀生誕の翌日。
 これ全く衆縁和合の然らしくむる処、けだしも仏心の顕現というべし。願わくは弥陀三尊、人生生活の光明となると共に永く平和のシンボルとして世界平和の将来に護念を垂れ給わんことを。合掌」と記されている。
 《中央 阿弥陀仏 高さ7.3m 左 観世音菩薩 高さ4.9m 右 至勢菩薩 高さ4.9m 大一枚岩高さ16m 幅22m》
 不動の滝(赤城の滝)
 高尾山赤城谷を水源とし、約23mの瀑布
 大人の足跡
 昔、大人(おおびと)が高尾山に腰をかけて田辺湾で足を洗う時、片足をこの岩にかけて踏ん張った足の裏の形そのままであると伝えられている。(それにしても小さすぎは無いでしょうか(笑)) 又、稚児の足跡(龍神道にあたる)を残して東に飛んだ童が途中、巨人と化かして足跡を残したとも言われる。

資料等:現地説明板、きのくに風景賛歌さま、
駐車場:無料・便所有り
撮影日:2019年6月29日

561_20190710202816248.jpg

562_20190710202814152.jpg

562-2.jpg

563_201907102028112ad.jpg

564_20190710202810b2b.jpg

566_201907102028075de.jpg

567_20190710202806000.jpg

568_20190710202804a62.jpg

569_20190710202802aea.jpg

5610_20190710202650538.jpg

5611_20190710202649b9a.jpg

5612_201907102026471f9.jpg

5613_20190710202646c29.jpg

5614_2019071020264468c.jpg

5615_20190710202643700.jpg

5616_20190710202641b59.jpg

5617_20190710202640a79.jpg

5618_20190710202638c5f.jpg

5619_20190710202637d90.jpg

5620_20190710202636f10.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!