FC2ブログ

記事一覧

皆生温泉

温泉名:皆生温泉・花風の足湯
主成分:ナトリウム・・・カルシュウム・塩化物泉
泉 温:85°C>
湧出量:分当たり、3800ℓ
効 能:婦人病、胃病、神経痛,リューマチ、皮膚病など
住 所:鳥取県米子市皆生温泉3丁目1
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/35.45633976190807,133.3615511470167,19
マップコード↓↓↓↓
109 448 351*83
歴 史
 明治33年(1900),浜野漁師たちが海中に泡立つ泉源を発見。泉源は浜のすぐ近くであったから、村人が露天風呂を楽しんでいたという。
 大正11年、米子の温泉開発の父といわれる有本松太郎氏らが皆生温泉土地株式会社をして創立し、本格的な泉源の発掘と温泉街の開発に尽力した。
 大正14年、国鉄米子駅から皆生に至る電車が開通し、温泉街の繁栄ぶりは目をみはるものがあった。米子町から4㎞の静かな漁村に、あちこちと木造の温泉宿が建ち始め、伝え聞く地方の人々や各地から多くの文人湯治客が訪れるようになった。
 昭和10年ごろから潮流の変化などによる砂浜の後退が進み、泉源が次々と壊され、旅館の窓下まで渚になった。
 戦後、護岸堤が造られ、更に、昭和46年から離岸防潮堤が築かれ、やっと砂浜の後退が止まった。
資料等:現地説明板など、
駐車場:無料 米子市観光センター駐車場
撮影日:2018年12月21日
近隣観光地:大山、境港、大根島、









潮風の足湯 管理:皆生温泉旅館組合
使用時間:10:00~21:00
源泉温度が高いため加水している。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!