FC2ブログ

記事一覧

奈良 専二

賢人名:奈良 専二
日本の農業の先覚者
時 代:【文政5年9月13日(1822年10月27日)~明治25年(1892年)5月4日】
父 親:奈良才蔵
号 名:
墓 所:
妻 名:
製作者:
建立者:
場 所:池戸八幡神社参道
マピオンマップ↓↓↓↓
https://www.mapion.co.jp/m2/34.28587380846234,134.12424532692228,19
旧 宅:
略 歴
1822 讃岐国三木郡池戸村(元香川県木田郡三木町池戸)
1830 運搬用猫車を発明
1883 東京に出る。(61歳)
1890 秋田県に招かれる。仙北郡花館村滞在
1892 緑綬褒章受章
1892年5月4日、秋田県南秋田郡川尻村(現・秋田市)70歳死去
解説等
 明敏で数理の才に富み、機械工作の特技を身につけていた。
 八歳にして猫車を考案。運搬用具として丸木橋でも猫のように軽快に渡れるので猫車と命名した。
 二十歳のころから多収穫の稲の品種を目指し、選抜淘汰法を初めて作り奈良稲として世に普及させた。
 上京し「津田仙」と親交を深めることにより、西洋農学を学ぶ。
 大日本農会及び県外での活躍は著しく、明治「三老農」と称さられ、茨城・千葉・秋田で実地指導、農書の出版(新撰米作改良法等)などの功績を認められ、明治二十五年緑綬褒章を受章した。明治二十五年五月七日 花館(秋田県仙北郡花館村=現大曲市)の村民挙げての手厚い看病にも関わらず七十歳の往時を全うし遠く故郷をを離れた秋田の地に永眠される。【三木町教育委員会】
 詳しい資料:香川県三木町 三木町文化交流センター蔵 『日本の農業の先覚者 奈良専二翁伝』 奈良専二翁顕彰会
資料等:コトバク、 現地説明板など、
撮影日:2018年6月3日
近隣施設:池戸八幡神社
明治十年内国勧業博覧会出品
踏転ろう穀機提水機舂米機 





スポンサーサイト



コメント

No title

香川県出身の方が秋田で亡くなられたのですね~
両親が秋田出身なので……

No title

> ひとりしずかさん
花館村の佐々木多右衛門さんから生家へ「ナラセンジオウビョウキスグコイ」の電報が届いたようです。当時の交通事情で当然生前に到着することは出来ませんでした。

地味ですが、香川が誇れる賢人です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!