FC2ブログ

記事一覧

壇場山古墳

古墳名:壇場山(だんじょうざん)古墳
住 所:兵庫県姫路市御国野町国分寺
形 式:竪穴式前方後円墳
規 模:全長約143m
築造期:5世紀前半
史跡指定:「壇場山古墳 第一、二、三古墳=山之越古墳」 大正10年3月3日(1921)
解 説
 県下第2位、西播磨では最大規模を誇る。
 墳丘は三段築成で、周濠をめぐらし、部分的に周堤が残る。後円部墳頂には縄掛け突起を有する竜山石製長持形石棺の蓋の一部が露出している。
 壇場山古墳の墳形は、大阪府仲津山古墳の約2分の1の相似形となっており、畿内政権との密接なつながりをうかがわせる。
 周囲にはかつて数基の陪塚があったとされるが、現在では、櫛之堂古墳、林堂東塚古墳の2基が残るのみである。
資料等:現地説明板
撮影日:2015年12月2日

















詳しい地図で見る
スポンサーサイト



コメント

No title

ウキペディアに以下の1文が…
この石棺の開蓋有無は明らかでないが、1903年(明治36年)11月23日付の朝日新聞神戸附録には開蓋を示唆する記事が存在する

No title

> ひとりしずかさん
現地説明板にも記述がありませんでした。墳丘付近に埴輪は出土したようですけど、開けないということは、盗掘の可能性が高いと思われます。(調査の時には蓋は空いていた可能性が高い。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!