FC2ブログ

記事一覧

旧江埼燈台退息所

旧江埼燈台退息所 旧管理者:第五管区海上保安本部

 江埼燈台は瀬戸内海の難所といわれる明石海峡を望む淡路島の北端にある。英国の技師R・Hブライトンの設計により、明治四年(1871)に点燈した。我が国八番目の洋式燈台である。
 退息所は石造りで、壁体は奥行60センチ程の切り石を積み、木造トラスで桟瓦葺の屋根を支えた重厚な建物である。間取りは中廊下式で、多くは畳敷きの部屋になっている。
 平成七年(1995)二月の阪神・淡路大震災により、石造りの壁体に大きな亀裂が入り、屋根瓦が落下するなど大きな被害を蒙った。当四国村はこの建物を移築し、復原保存する措置をとった。
 この退息所は、本格的な石造り建築であり、建築当初の木造トラスを残すなど、洋式燈台の黎明期の貴重な建物である。
 元の所在地:兵庫県津名郡北淡町(現あわじ市)野島箙(えびら)江埼組字小磯17番地
 R.H。ブラントンは明治元年(1868)の来日直後に、瀬戸内海に必要な燈台の位置の決定および調査に従事している。この結果、友ヶ島、天保山、和田岬、江埼、鍋島、釣島、六連島の八ヵ所が提案された。ブラントンは九年間の滞在中、燈台建設や技術習得のために「燈台掛り」の設置等、開国直後の日本の燈台の整備に力を尽くした。
 燈台保守にはスコットランドの熟練した燈台員を一人または二人ずつ配置し、その下に日本人助手がついて業務の習得につとめた。
 上記資料:四国村現地説明版
 文化財:登録有形文化財平成十二年四月二十八日登録
 撮影日:2014年2月21日

















詳しい地図で見る
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!