FC2ブログ

記事一覧

阪出墾田之碑

 阪出墾田之碑  坂出市指定有形文化財(建造物) 坂出市京町3丁目5-5
 文政十二年八月(1829)坂出墾田は三年余の月日と久米通賢の辛苦によって竣工した。藩主松平頼恕は大いにその功を称え、その偉大な業績を不朽とするため、旧地と墾田地の境で、墾田地の東西中央にあたる天神社境内にこの碑を建て顕彰した。
 製作は江戸に於いて行われ、文は儒員岡内棣に命じ、書は当時楷・隷書日本一と称せられた加賀藩の河三亥(市河米庵)に特に依頼し、彫刻は江戸の名工広瀬群鶴の子群亀を選んで刻させたもので、文政十二年十二月、海路遠くここに運んだと云う。この碑の建立に藩主の熱意のほどがしのばれる。
 かくのごとく該碑石は、坂出市の発展の起点として大きな意義を持ち、また江戸時代碑石の代表として貴重である。 このため、昭和三十二年一月十一日、坂出市文化財保護条例によって指定されたものである。
 文は現地説明案内板などより転載しました。
 写真は2013年4月24日撮影
 場所はスポットノート『石塔・石碑などのmap』に投稿します。
 

 

 

 

 
菅原神社(天満神社) 祭神:菅原道真公 坂出市京町三丁目
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!