FC2ブログ

記事一覧

金毘羅参詣道多度津街道『湛甫の石燈籠』

【湛甫の石燈籠】
 西浜は、桜川河口は船の出入りが多くなり狭くなったので、西浜の船着き場に船溜りの突堤をを築いてからは丸亀にも優る良港になりました。
 現在も西浜の町には当時の面影が残る昭和の建物が多く残っていて昔の繁栄を見る事ができる。

 西浜・蛭子神社(祭神=事代主神)は香川県仲多度郡多度津町西浜に鎮座しています。蛭子神社は昭和二年社殿を新築した際、湛甫にあった金毘羅燈籠二基を移築している。 
 西浜の港に臨む地にあって、南側には多度津藩魚役所、北側には魚市場があった。

 湛甫にあった灯籠2基
 右側の灯籠には、正:奉呈 常夜燈 右:当所世話人 福島屋平重郎 左:防州岩国由宇村 益田彦市勝久 裏:天保三年壬辰六月吉日 高さ約220m
 左側の灯籠には、正:渡海安全 傘の下部に○金 右:奉寄進 左:文化三寅歳六月吉日 裏:諸願成就 台石:芸州因之嶋椋之浦 金吉丸 重吉丸 惠吉丸 宝栄丸 宝吉丸 願主 新屋七三郎 同 七郎兵衛 高さ約260m

 文は、多度津町誌・ゼンブデル様HP・讃岐の街道「金毘羅参詣道」などより転載しました。
 写真は2012年9月3日撮影
 場所はワイワイマップ『金毘羅街道・金毘羅灯籠map』にスポット投稿します。

蛭子神社


 右側の燈籠(ウバメガシの枝によって笠が移動している。大風などによって枝が大きく動いて笠が落ちなければ良いのですが。)






 左側の石灯籠






スポンサーサイト



コメント

No title

お早うございます。

今年は2度も金毘羅さんへ出かけました。
琴平町の「琴参閣」に宿をとり、金毘羅さんはもとより周辺を散策しました。
中でも印象が深かったのは、参道の「とらや」でした。
お年を召した女将さんの話を沢山聞けてとても楽しい旅でした。
「とらや」の柱や板の彫刻などには体のふるえを覚え、江戸時代に
武士の刀の鞘ですり減った柱を目の当たりにして歴史を楽しみました

No title

志紋孟さん、2度の金毘羅参りお疲れ様でした。
とらやさんは良かったですか。私はまだ寄った事がありません。古い旅館でしたから文化財も多く残っているのでしょう?。
コメントありがとうございます。
byビュート

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!