FC2ブログ

記事一覧

金毘羅宮門前町「内町」

【金毘羅宮門前町「内町」】
 元禄十六年(1703)に描かれた「狩野休円清信」の『金毘羅祭礼図屏風』は、十月の大祭で賑わう金毘羅門前町の状況が生き生きと描かれている。この屏風画には、門前町入口の新町界隈から社殿までのほぼ全体が描写されており、各町の通りに沿って旅館や商店が立ち並ぶ発展した町の様子を知ることができる。
 門前町は有名な寺社の門前一帯に、まず社人たちの生活物資や神事などに使用される物資などを供給する地として形成される一方で、参詣者の食料や宿所を供給する地でもある。
 江戸時代初期から金光院一族や浪人などが移住し、次第に形成され始めた。
 文は香川県立図書館蔵書より転載しました。
 写真は2012年1月24日撮影

 門前町 内町


 金稜


 虎屋


 この灯籠の手前から階段がはじまる。(右琴平公会堂・金丸座へ)


 備前焼「狛犬」重要有形民俗文化財 昭和三十四年指定


 灯明堂と釣灯籠 重要有形民俗文化財 昭和四十五年指定


 青銅大燈籠 重要有形民俗文化財 昭和五十四年指定


 鼓楼(時太鼓)及び清塚


 金刀比羅本教総本部


 大門前


 大門


 駕籠屋



ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「金毘羅」検索→《金毘羅街道・金毘羅灯籠map》を スクロールで選定する。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!