FC2ブログ

記事一覧

岩国藩御土居址(吉香公園)

【岩国藩御土居址(吉香公園)】 岩国藩御土居址(吉香公園) 吉香公園(きっこうこうえん)と、山口県岩国市横山地区にある公園です。 当公園は、明治十八年(1885)に旧岩国藩主であった吉川家の氏神社である吉香神社が現在の所在地(吉川氏の居館跡)へ移設されたのに合わせ、同神社の境内および付属地が庭園として整えられたのを始まりとする。その後、昭和四十三年(1968)4月18日に都市計画公園の総合公園の指定を受け、今に至る。吉...

続きを読む

磯野禅師の墓

【磯野禅師の墓】 建久二年(1191)11月20日 磯野禅尼が長尾寺でお参りを済ませ、薬師庵へ帰る途中、井戸川(鴨部川)のほとりで老衰と吹雪で寒さもため倒れ、命を落とした。 69才であった。 井戸川橋畔に磯野禅尼の小さな墓石であったのを昭和になって再建、立派なものになった。1937年の県道改修工事のときさぬき市昭和の県道10号沿いに移転された。墓石の前に花崗岩の自然石で〈磯野禅尼之碑〉と刻まれた石碑が建っている。  文...

続きを読む

西大寺観音院

【西大寺観音院】 --西大寺観音院--は岡山県岡山市東区西大寺中にあります。 正式名称は「金陵山(きんりょうざん)西大寺」といい、高野山真言宗別格本山で、本尊は千手観音が安置されています。 寺伝によれば宝亀八年(777)、安隆上人(あんりゅうしょうにん)が寺を建てようと瀬戸内海を進んだとき、海中から竜神が現れ、上人に犀のの角を授けた。上人はそれを埋め、その上に寺を建て「犀戴寺(さいだいじ)と名を付けた」とあり、こ...

続きを読む

かまとこ地蔵

【かまとこ地蔵】 <><>かまとこ地蔵は、香川県高松市菅沢(すげさわ)町神村(こうのむね)の新川流域春日川支流葛谷川沿いにあります。 源平屋島合戦のとき、敗者がこの神村(こうのむね)へも落ちてきた。源氏の兵に追われた平家の武士が炭焼窯に身をひそめて追手の足音が通り過ぎるのを祈った。しかし、源氏の兵は落人の隠れた炭焼窯へ、どんどん土を盛り、蓋をしてしまった。それから、様々な不思議なことが起こった。...

続きを読む

広島城

【広島城(鯉城、在間城、当麻城)】 広島城は、広島県広島市中区基町太田川中州に築かれた平城です。国指定史跡昭和28年3月31日(1953)指定 日本100名城、名古屋城・岡山城と共に日本三大平城  文禄元年(1592)四月、秀吉が建設途中の広島城を見物しているが、この際に天守のことには触れていないため、天守はこの年以降に建てられたと思われる。広島城は連結式と呼ばれるもので特に複合連結式ともいい、五重の大天守から渡櫓で南...

続きを読む

後楽園

【後楽園】 岡山 後楽園【特別名勝】昭和二十七年指定 岡山県岡山市北区後楽園 岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政公が家臣津田永忠に命じて、貞享四年(1687)に着工、元禄十三年(1700)には一応の完成をみました。その後も、藩主の好みで手が加えられましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在にて伝えられて来ました。 また、江戸時代の絵図や池田家の記録、文物が数多く残され、歴史的な変遷を知ることのできる。地方で...

続きを読む

糸より姫伝説

【糸より姫像と高松西浜漁港】 糸より姫像と高松西浜漁港 糸より姫は、正和三年(1314)に御醍醐天皇の第二皇女としてお生まれになりました。 南北朝争乱の渦中に巻き込まれ、悲しみのあまり延元三年(1338)従者と共に住みなれた都を後に讃岐の国玉藻の浦西浜に落ちのびこの地の漁師達にあたたかく迎えられたと伝えられています。 糸より姫二十五才の時、漁師の乙吉青年と結ばれ一男六女をもうけられましたが、弘和二年(1382)波乱...

続きを読む

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019