FC2ブログ

記事一覧

室津・賀茂神社

【室津・賀茂神社】 賀茂神社 兵庫県たつの市室津町の入り江の小高い室津半島に鎮座しています。主祭神 賀茂別雷神・彦火火出見尊 室津は奈良時代に編纂された『播磨国風土記』に「室原泊(むろうのとまり)」として記され、古代から良港として繁栄してきました。 その室津の地に、賀茂神社が社殿を構えた起源や当初の姿は定かではありません。しかし、平安時代後期には社殿が五つ、六つ並びたっていた事が史料からわかります。...

続きを読む

正玄塚(綾部山古墳群第二十八号墳)

【正玄塚】 正玄塚(綾部山古墳群第二十八号墳)は兵庫県たつの市御津町綾部山梅林の中にあります。 綾部山南山頂付近にある。古墳時代後期の古墳です。両袖式の横穴式石室を持ち、全長7.0m 玄室長4.4m幅1.8m高さ2.8m 羨道の長さ3.5m幅1.4mを測ります。 正玄塚の名称は西讃(香川県)府誌黒崎村條項中に見られ、露出横穴式石室の形状が歪のない四角(正)で奥深く幽かな狀であること(玄)から古来より村人がかく呼んで来...

続きを読む

綾部山梅林《一目二万本海の見える梅林》

【綾部山梅林】 綾部山梅林《一目二万本海の見える梅林》瀬戸内海国立公園・新舞子 綾部山梅林は兵庫県たつの市御津町黒崎にある「黒崎梅園組合」が昭和四十三年土地改良付帯事業として国有林23.9ヘクタールを開墾し、玉英(70%)・林州(20%)・小梅類(10%)・その他に「鹿児島紅梅」「鶯宿」「青抽」「花香」などの梅を植え付けたのが始まりで、昭和四十七年農業組合法人「黒崎梅園組合」を結成、国有林を払い下げを受ける。昭和四...

続きを読む

うどん『ばら本陣』

【うどん『ばら本陣』】 うどん『ばら本陣』は香川県高松市川島本町の春日川沿いの県道156号を川島方面、由良・清水神社のお旅所を過ぎると道の左側(西側)にあります(幟が建っている)。 店内はテーブル席と座敷が設えています。単品うどんの他に日替り弁当とおでんなどもある。 日替り弁当(平日のみ)六角形の可愛い2段の重箱に、ご飯と手作りおかずの数々、プラス「かやくうどん」か「ぶっかけうどん」が選択でき600円。 店名...

続きを読む

大蛭島灯台

【大蛭島灯台】 大蛭島灯台(おおひるしまとうだい)【4026】は岡山県玉野市胸上大字胸上の筏島(地図表記)の頂上付近に立ってます。 旧金毘羅海の道。岡山沿岸航路。牛窓・山田を経て宇野・日比・下津井への安全上重要な岩礁地帯を示す灯台でしょうか。 資料 海上保安庁刊行「灯台表」&Wikipedia及び玉野海上保安部様よりの資料提供 塗色:白色 塔形:コンクリート造  塔高(地上~塔頂):15.35m 灯火標高(平均海面~灯火):...

続きを読む

上佐山(うわさやま)255.7m

【上佐山(うわさやま)255.7m】 上佐山(うわさやま)は香川県高松市西植田町・池田町・三谷町の町境に位置し、本峰の雄上左と南峰の雌上左からなり、およそ2500~600万年前の火山活動でできた火山台地の標高255.7mの孤立したドーム状の秀麗な山である。その美しい姿は、村山篁山選の『植田十二勝』にも揚げられている。 また、高松クレーター五座(日山・実相寺山・日妻山・馬山・上佐山)の一つといわれている。 登山には、「墓地...

続きを読む

金毘羅宮境内馬場周辺

【金毘羅宮境内馬場周辺】 金毘羅宮の由緒 金毘羅宮は、香川県仲多度郡琴平町の琴平山に鎮座し、主たる御祭神は、大物主神ともに崇徳天皇を祀っています。往古には、大物主神を祀り、琴平宮と称しました。中古になると本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)の影響を受け、金毘羅大権現と改称し、永万元年(1165)、相殿に崇徳天皇を合祀しました。明治元年(1868)に神仏混淆が廃止されて元の神社に復り、同年七月に宮号を仰せ出られて、...

続きを読む

佐藤継信の墓(墓碑)

【佐藤継信の墓(墓碑)】 佐藤継信の墓は香川県高松市屋島東町の屋島寺から八栗寺への遍路道沿いにあります。 継信は、寿永四年(1185)二月の源平屋島合戦のとき、平家の武将「能登守教経(のとのかみのりつね)」の強弓により、大将「義経」の一命危ういとみて、義経の矢面に立ち、身代わりとなって討死しました。 この継信の忠死を広く世人に知らしめるために寛永二十年(1643)初代高松藩主「松平頼重」公が、合戦当時に義経が丁重に葬っ...

続きを読む

静塚

【静塚】 静塚は香川県高松市香南町池西 古川の西岸にあり、静御前にゆかりのある塚だといわれている。静氏所有地にあった塚で、石碑の右に五輪塔を置き、左には浮かし彫になった石仏が並んでいる。それには「静の墓 文化未八年 善四郎」とある。昔はシャシャブ(茱)の木に埋まっていたそうであるが、昭和初期に現在のように並べたらしい。ブロックのお堂を造ったのは戦後の事である。 昭和初期の台風の時、石仏が田の中へ倒れ...

続きを読む

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019