FC2ブログ

記事一覧

サンポート高松・せとシーパレット

【サンポート高松・せとシーパレット】 「せとシーパレット」は、サンポート高松にある階段式護岸の愛称でテレビドラマなどでよく登場する。風光明媚な場所で結婚式から抜け出して来たのかウェディングドレスのまま来てプロのカメラマンに記念写真を撮ってもらっている姿を良く見かける場所でもあります。 写真は、2010年7月19日撮影 地図はワイワイマップにスポット投稿します。 せとシーパレット中央付近 玉藻防波堤のせと...

続きを読む

横瀬の大鳥居と石灯籠と地蔵堂

【横瀬の大鳥居と石灯籠と地蔵堂】 金毘羅参詣道;丸亀街道・苗田村横瀬(現香川県琴平町横瀬)の大鳥居を潜ると街道の両側には民家が軒を連ねていました。少し進むと左側に往来の安全の願って造られた地蔵尊と石灯籠があります。金毘羅さんを目前して、この辺りの用水路で足を洗い身を清め金毘羅参詣の準備をしたようです。石灯籠の並ぶ北神苑(高灯籠のある所)で金毘羅参詣道・丸亀街道は終着です。 参考資料;讃岐の街道①金毘羅...

続きを読む

金毘羅参詣道丸亀街道・西高篠自然石灯籠

【金毘羅参詣道丸亀街道・西高篠自然石灯籠】 ★金毘羅参詣丸亀街道 金毘羅信仰が高まったのは室町時代以後で瀬戸内海の交通が開けると塩飽島民等の海上生活者から海の守護神として崇敬された。 近世以来全国各地に金毘羅講が組織されて各方面からの「こんぴら道」が発達した。 この丸亀街道は京阪神や山陽方面から丸亀港に上陸した参詣道である。この街道沿いには休息のための茶堂や一里塚が設けられ、金毘羅燈籠や道しるべ(丁...

続きを読む

栗林公園:芙蓉沼の蓮

【栗林公園:芙蓉沼の蓮】 栗林公園の蓮の花が満開になっています。 北庭の芙蓉沼全体に約1000株の蓮の花が咲いています。葉っぱの中に咲いているのが多いのでそれほど迫力ある咲き方ではありませんが広い池いっぱいに咲いているので見応えはあります。 写真は、2010年7月19日撮影...

続きを読む

高松港とハーバープロムナード

【高松港とハーバープロムナード】 瀬戸内国際芸術祭が今日(2010年7月19日)から始まりました。快晴のサンポート高松で開会式も盛大に行われ、女木島・男木島・大島・直島・豊島・小豆島そして岡山の牛島の7つの島と高松港で開催されます。 第一回目は、ハーバープロムナードの作品と高松港の様子 ★海開くファスナー船  白い波の航跡を残して進む船が海を開くファスナーに見えたという東京都在住の現代アート作家、鈴木康広さ...

続きを読む

金毘羅参詣道丸亀街道《与北茶堂跡》

【金毘羅参詣道丸亀街道《与北茶堂跡》】 ★角下組(すみしもぐみ)石灯籠 70丁石と共に角下組(すみしもぐみ)石灯籠、この辺りは街道が入りこんでいたようで街道は田の畔道など自然地形に近い道筋をとっていたと思われる。この石灯籠は新しい道が出来た時に移されてきたようです。 ★与北の茶堂址は香川県善通寺市与北町にある金毘羅参詣道旧丸亀街道の75丁の所にあります。丸亀新堀湛甫(現丸亀港)から金毘羅さんまでの約中間点...

続きを読む

地蔵寺の大賀ハス(古代蓮)

【地蔵寺の大賀ハス(古代蓮)】 宝珠山地蔵寺は香川県三豊郡高瀬町にある古刹で大賀ハスが植栽されている。また冷泉学校のあった所でもあります。 ★地蔵寺の古代蓮 昭和26年理学博士大賀一郎先生が、千葉県検見川町で泥炭層発掘調査の折り地下3メートルのところから出土した丸木船の中にあった蓮の種子3粒を発見。うち1粒だけが発芽に成功した。 出土品の年代測定の結果、2千年から5千年前の種子であることが分かり古代...

続きを読む

向日葵の巨大迷路

【向日葵の巨大迷路】 向日葵の巨大迷路は香川県丸亀市飯山町の香川県立飯山高校の一年生が作りました。学校内の25アールの農場に作られた1万本のひまわりを間引きし迷路を作っている。今年も5日のオープン初日には近くの園児を招いて育てた生徒達との交流をしていました。(NHKローカルニュースで) 今日も園児が2台のバスで来ていて4~5人のグループで迷路の中に入っていっていました。向日葵の中に子供たちが入ると見えな...

続きを読む

金毘羅参詣道伊予土佐街道「牛屋口石灯篭群」

【金毘羅参詣道伊予土佐街道「牛屋口石灯篭群」】 牛屋口(うしやぐち)は香川県琴平町の旧伊予・土佐街道の金毘羅参詣口で「ご使者口」がなまって「牛屋口」になったと言われている。 金刀比羅宮の南の入口。象頭山南側にあり、鳥居や燈篭などが残っている。 土佐・伊予と讃岐をつなぐ主要街道であった金毘羅街道(旧伊予土佐街道)は、幕末には坂本龍馬、中岡慎太郎などの脱藩者、また高杉晋作などが、往来する際にこの道を使っ...

続きを読む

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019