FC2ブログ

記事一覧

栗林公園:北門(檞口御門)

【北門(檞口御門:かいのくちごもん)】  北門(檞口御門:かいのくちごもん) 藩政時代は檞口御門といって(元の正門であった)この門の両側に竹林があった場所であり、中国の名所檞口という竹林の名所に因んだ命名である。この北門の袖石は大正2年(1913年)の改修の時、小豆島町福田の海岸にあった、安土桃山時代の武将・片桐且元の採石よる大坂城築城の残石と伝えられる由緒ある切り出し石を用いたもので...

続きを読む

栗林公園:掬月亭と古理兵衛九重塔

【掬月亭と古理兵衛九重塔】  掬月亭(きくげつてい)と古理兵衛九重塔(こりへえくじゅうとう) 掬月亭は旧藩主が使用した茶室で、藩政時代に大茶室とも呼ばれたこの建物は、園内に建てられている数多くの茶屋風の建物のうち一番大きく、特に主要なもので四方正面ともいえる数寄屋風書院造りの建物です。掬月亭とは、南湖に面した一棟の名称であり、中央の初莚観(しょえんかん)を含む7つの棟の配置が北斗七星に似ているところから...

続きを読む

栗林公園:新日暮亭と降蹲踞

【新日暮亭と降蹲踞】  新日暮亭(しんひぐらしてい) 松平二代藩主頼常(よりつね)の頃、南庭の東南隅に「考槃亭(こうはんてい)」という官休庵流の茶亭があったが、その後、会僊巌(かいせんがん)の東方に移築、「日暮亭」と改称され、さらには園外の私人へ移るなど、この建物は、様々な変遷を経た後、昭和20年(1945年)、関係者の尽力により、再び園内に「新日暮亭」として甦った由緒ある茶室です。 ※ 新日暮亭は土曜日・日曜日・...

続きを読む

雨滝山(雨滝山城址)

【雨滝山(雨滝山城址)】 雨滝山は、さぬき市大川町・寒川町・津田町に跨る海抜253mの山で、頂上には長禄年間(1458年頃)安富山城守盛長が城を構え、天正11年(1583年)長宗我部元親勢の侵攻に遭って降伏落城した。 雨滝山城の遺構は、瀬戸の海を扼する要衝にあり、天然の要害地形を巧みに取り入れて普請された典型的な連郭式山城である。山頂本丸跡を中心に、東方二段、西方五段、北方五段、三方尾根上に削平地が形成されている。...

続きを読む

栗林公園・日暮亭

【栗林公園・日暮亭】 日暮亭は梅林橋を南に進むと三叉路になります。三叉路を右に行きますとあります。 草庵(草葺きの小さい家の意味)型の茶室で、約94㎡(28.4坪)の大きさがある。洞床(床の内部を、壁で塗りで出来ている。)席(ほらどこせき)など5つの茶室があり、その真ん中に水屋を設けるなど工夫されており、東西ににそれぞれ露地をもつ、明治31年1月に石州流の茶室として再建されたものである。平成11年(1999年)、保...

続きを読む

安永灯篭

...

続きを読む

栗林公園:梅林橋と箱松・屏風松

...

続きを読む

汐木港の常夜灯

...

続きを読む

栗林公園:西湖と石壁

...

続きを読む

栗林公園:小普陀と慈航嶼に架かる二つの橋

...

続きを読む

特別名勝「栗林公園」

...

続きを読む

石清尾ふれあいの森

...

続きを読む

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!

honndokagawa2019