FC2ブログ

記事一覧

かずら橋

民家博物館 四国村運 営:財団法人 四国民家博物館住 所:香川県高松市屋島中町91番地電 話:087-843-3111広 さ:約57.500㎡開 設:昭和51年(1976)10月3日施設名:かずら橋データ:徳島県三好市にある同名の橋をモチーフにした吊り橋。約2/3位指定文化財名:マピオンマップ↓↓↓↓https://www.mapion.co.jp/m2/34.344324122910166,134.1085517219783,19マップコード↓↓↓↓60 613 820*30入場料:1.000円開村時間:4月~10月は8:...

続きを読む

旧江埼燈台退息所

旧江埼燈台退息所 旧管理者:第五管区海上保安本部 江埼燈台は瀬戸内海の難所といわれる明石海峡を望む淡路島の北端にある。英国の技師R・Hブライトンの設計により、明治四年(1871)に点燈した。我が国八番目の洋式燈台である。 退息所は石造りで、壁体は奥行60センチ程の切り石を積み、木造トラスで桟瓦葺の屋根を支えた重厚な建物である。間取りは中廊下式で、多くは畳敷きの部屋になっている。 平成七年(1995)二月の阪神...

続きを読む

四国村・楮蒸し小屋

楮蒸し小屋 元の所在地 高知県高岡郡梼原町越智面東方2320  土佐は高級和紙の産地である。伝統の和紙づくりのため、楮や三椏を釜の上に積み込んで蒸すのが、この小屋である。 寄せ棟造茅葺で間口三間奥行二間。かまどのつくりと大桶フタの上げ下ろしの装置が特徴になっている。 紙作りは、切りそろえた楮や三椏を束にして釜に立て、上から桶をかぶせて蒸す。取り出して皮を剥ぎ、黒皮を取り、水に浸した白皮をモチにして...

続きを読む

四国村ひな飾り2014

四国村ひな飾り2014 県内から寄贈されたひな飾り33組を農村歌舞伎舞台を中心に旧山下家住宅、旧河野家住宅、久米通賢先生宅、旧前田家土蔵、丸亀藩斥候番所、旧吉野家住宅に展示しています。 また、2月18日(火)からは、屋島中町にあるのぞみ幼稚園の園児が手作りした可愛いひな工作も、旧福井家石蔵で展示されます。3月30日(日)まで撮影日:2014年2月21日       ...

続きを読む

四国村/砂糖しめ小屋

砂糖しめ小屋 江戸時代後期、砂糖は讃岐の特産品だった。薩摩の黒糖に対して、讃岐は白糖の生産で日本一を誇った。讃岐平野にサトウキビ畑が広がり、搾汁のための砂糖〆小屋が点在した時代だった。 円形の砂糖〆小屋は四国にはここの(四国村)二棟しか現存しない。円錐形の屋根や垂木の組み方、曲面の大壁などが特徴である。 右側の棟が慶応年間(1865年頃)、左の棟が明治初期の建造とみられる。内部には三個の石臼があり、牛が腕...

続きを読む

プロフィール

honndokagawa2019

Author:honndokagawa2019
FC2ブログへようこそ!